フォトリーディングでビジネスモデル構築、知識創造クイックスタート塾、9月開講!

知識創造クイックスタート塾に急いで申し込みたい方はこちら マーク・ザッカーバーグが若干34歳にして、世界中のリーダーを納得させる力を持つ理由は、彼の読書の質を見ればわかります。
若干34歳にして、世界中のリーダーを納得させる力を持つ理由は、彼の読書の質を見ればわかります。
Qあなたは何冊読みましたか?
ザッカーバーグだけではありません。ビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェット、イーロン・マスク、ジェフ・ベゾス、孫正義、柳井正、三木谷浩史、藤田晋など彼らは、超多忙な中でも読書によってさまざまな情報を得ているのです。
ザッカーバーグの情報源はSNSではなかったのです。
読書量と年収は、比例する。日本では『プレジデント』の調査で、年収2000万円の人の46%は月間3冊以上読んでいる。
年収によって、1冊も読まない人と3冊以上読む人に圧倒的な差があります。さらに、雑誌「プレジデント」2012年4月30日号には、「高収入の人は、読んだ本や内容について話す相手がいる」ということが出ています。あなたはこのような人たちと、まともに話し合える自信がどれくらいありますか?
脳が触れる情報が異なる次の二人を比較してください。真偽がわからない情報があふれかえる今、どちらの脳がブレない判断力を持てるでしょうか?
手元のスマホから24時間情報があふれだす時代だからこそ、日常、習慣的に、インプットする情報の質であなたの「人格」そしてこれからの「価格」も印象付けられてしまいます。
さらに仕事内容やクライアント業界が変わるたびにほんの数日間で身につけなければならない専門知識
陳腐化しない自分を作っていくためには、難解な概念や、新しい分野に抵抗感を感じているわけにはいきません。「でも今は、本を読む時間が…」という言い訳は、あなたにはもう必要ありません。なぜなら、もっと自由に本を読みもっと自在に、新しい分野にチャレンジする方法があるからです。
世界35か国で100万人超が学ぶあなたの一生で読み遂げる本を何倍にも増やす速読&スピード情報編集スキル「フォトリーディング」。開発者は米国のポール・R・シーリィ博士。フォトリーディングのスキルを身に着ければ、難解な書籍ですら、楽に読めるようになるので、読書量を一気に増やすことができます。
既に受講された方は、30日間で平均読書冊数10.7倍へ。
フォトリーディングとは?大脳生理学、認知心理学、NLP(神経言語プログラミング)、そして加速学習(アクセレラティブ・ラーニング)の学術的知識をベースに開発された、速読法&スピード情報編集スキルです。
毎秒1ページを超えるスピードで、ページをめくり写真を撮るように本の情報を脳に送り込みます。このプロセスに加えて私たちがすでに、自然に身に着けているさまざまな情報処理法を目的に沿って自由自在に組み合わせることでどんな難解な文書でもスピーディに理解・記憶できるようになります。
開発経緯:フォトリーディングは1985年、IDSアメリカンエキスプレス社が、今後の情報化社会で、社員が能力を発揮するためには、大量の情報を入手し、その情報を編集する能力が必要と考え、そのスキルの開発を「変容とリーダーシップ」分野で博士号を取得しているポール・R・シーリィ氏に依頼したことに始まります。
一般的な速読のように目を早く動かすトレーニングは、必要ありません。シーリィ博士は「文書を早く読むために、目を早く動かす」という従来の速読法に限界を感じ、すでに私たちが使っているさまざまな情報処理法を柔軟に組み合わせることで、目標を達成する一連のプロセス「フォトリーディング・ホール・マインド・システム」を開発しました。
速読できるようになるのは当然。フォトリーディングはさらなる突破口を開きます。フォトリーディングは、本が早く読めるだけではありません。
エキスパートになるまでの時間を大幅短縮、コンサルタントとしての専門分野が広げられる、資格試験の準備期間を短縮。キャリアアップに、外国語習得のスピードが上がる、プレゼン準備も短時間で、行動力がアップする、独創的な発想を生み出しやすく、執筆がスピーディに
フォトリーディングは次の5つのステップで構成されています。
フォトリーディングの5つのステップ:準備、予習、フォトリーディング、復習、活性化
フォトリーディングの5つのステップ
ステップ1:準備:本を読む目的を決める、ステップ2:予習:読むか読まないかの判断をする、ステップ3:フォトリーディング:リズミカルに本をめくる、ステップ4:復習:重要なキーワードをピックアップ、ステップ5:活性化:本の内容を活性化させる
フォトリーディングを始めたとたん、脳波が変わり、リラックスしながらも、集中した学習が進みやすい状態へと入ります。「心の中での無駄話」が中断され、集中力が高まったことがわかります。
フォトリーディングは、学び方を学ぶ技術。生涯にわたって、あなた本来の力が発揮できるように。
一流グローバル企業の社員がフォトリーディングを学んでいます。一流企業がフォトリーディングを社員研修に取り入れたり、社員が自発的にフォトリーディングを学んでいます。
アメリカでの推薦の言葉:ケン・部ランチャード博士、ジャック・キャンフィールド氏、ピーター・クライン氏、ブライアン・トレーシー氏
日本ではすでに51,234人が受講(2018年5月31日時点)
私たち、フォトリーディングを学んで人生が劇的に変化しました。
勝間和代氏、久保田崇氏、小阪裕司氏、堀口ミイナ氏
さらに中国でも、2年間で3024人超が受講(2018年5月31日時点)
中国ではベンチャー育成の主導的な立場にある人たちが事業に積極的にフォトリーディングを取り入れています。
メディアでも多数紹介されています。
新聞、雑誌、ムック本、ウェブサイトなど

世の中がどんなに変わろうとも次から次へと新しい専門分野を仕事にできるとしたら、あなたは、どのくらいの収入を生み出せるでしょうか?賞味期限の短い単一のスキルや知識を学ぶのではなく、すべての学びを効率化する、一生涯使えるこのスキルで得られる価値は、いくらに相当するでしょうか?
なぜ、フォトリーディングを開発したのですか?1996年神田昌典は、フォトリーディング開発者のポール・シーリィ博士に尋ねました。すると彼は、人類のモラルのためであると言ったのです。
問題は、科学的事実がないためではなく、そのじょうほうを受け取る側の問題であり、それはいまも起こっている。情報がないのではない。情報処理プロセスが時代に合わなくなっているからだ、と考えたのです。
これはもう、今から20年以上前の話であり、その後も情報は爆発的に増える一方。人間の処理能力をはるかに超えています。そんな時代に人類のモラルを高める活動に奉仕しながら、キャリアを一層高め、ともに新しい時代を支えるあなたのご参加をお待ちしています。