フォトリーディングって何だろう。

 

速読法の一種?
人生を変える魔法?
それって、本当…?

 

受講前、
フォトリーディングが何なのか、
よくわからなかった。

 

受講後、
自分の中で何か大きな変化が起こった。
本を読むのが楽しくなった。

でもなぜ?
よくわからない。
でも、これからの自分にとにかくワクワクする。

 

そんなフォトリーダーが、日々、
日本のあちこちで誕生しています。

 

改めて思う、
フォトリーディングって、何なのでしょう。

 

その答えを、
フォトリーディングの力を
全国の受講生に伝え続けている
インストラクターのみなさんの言葉の中に、
探ってみました。

ーーーーー

  • フォトリーディングは、それまで自分が持っている知識と、
    新しく読んだ本とが出会う中で、
    自分のパフォーマンスを上げる方法である、
    というところに集約されてくるのではないでしょうか。
    どう読むかというよりは、
    どうパフォーマンスを作り出していくか。
    (玉川一郎さん)

 

  • 自分の中にさまざまな地層があるとすると、
    これまでにしてきた経験というものは、
    下の方で固まってしまっています。
    せっかく持っている知識や情報、
    つまり「自分の資源」が動かなくなってしまっている。
    フォトリーディングをやると、
    そこにポーンと岩が投げ込まれる感じで、
    ボコボコとその層が動き出すんですよ。
    ですから僕は、フォトリーディングは
    「自分の資源を最大化するためのインプット」
    ととらえています。
    (松岡克政さん)

 

  • 二度は読まなくてもいいような本と、
    一生自分のそばに置いておきたいような本を、
    同じ力のかけ方でしか読めないとしたら、
    これはもったいない。
    フォトリーディングは、本当に読みたい本を、
    時間をかけて何度も読むことによって
    理解を深めていける、あるいは、
    本に費やす時間量を、
    自分の価値観によって使い分けていける、
    そういう方法なんです。
    (大嶋友秀さん)

 

  • フォトリーディングは、
    人がものすごい変化を遂げていくことを
    バックアップできるスキルです。
    フォトリーディングは、読み方のスキルと、
    それを受け取る器、つまり思考回路とセットです。
    このフォトリーディング的思考回路
    というのは脳の賢い使い方でもあり、
    仕事に活かしたり人間関係に活かしたりすると
    発想も広がり、コミュニケーション能力も変わってきます。
    (山口佐貴子さん)

 

  • 時間の使い方は、イコール命の使い方。
    フォトリーディングを学ぶと、
    その命を使って自分は何をしたいのか、
    というところに行き着く。
    フォトリーディングができるようになって、
    いままでの制限が取り払われたとき、
    そこから出てくる「自分は○○がしたい」
    は何なんだろうというところが、
    やはりその人の本質だと思います。
    そういったところの根幹に触れるのが、
    フォトリーディングです。
    (末吉大希さん)

ーーーーー

さぁ、今度はフォトリーダーのあなたにお聞きします。
あなたにとって、フォトリーディングとは、何ですか?