学び力を向上させる読書の方法が学会で発表されました

かつて、日本では五人組という制度がありました。

江戸幕府が町村に作らせた隣保組織ですが、
みんなで協力して
田植えをし、年貢を納めるというもの。

みんなと一緒に
みんなと同じに

という日本人の文化は
こういった制度からも伺えます。

学校の授業も、
同じ学年、同じクラス、
同じペースで学習が進みます。

みんなと一緒は確かに日本人の美徳。

ですが、
子供たちの学習については
それぞれ個性があり、
同じペースではついていけない
という子供がでてきます。

その中にはいわゆる学習障害
といわれる子もいるでしょう。

ひとりひとりの個性の応じて
学びを支援できないか

長年研究をされてきた
元宇都宮大学大学院教育学研究科 准教授
原田浩司先生と

様々な学習障害をもつ児童を対象に
「フォトリーディング」における
集中手法「ミカン集中法」を用い、
読書状況がどのように変化するか
実証研究を実施いたしました。

 

発達障害の研究をいち早く取り組んできた原田先生のインタビュー
フォトリーディングの手法を用いた「ミカン集中法」が様々な学習障害を改善
遅読の原因は視線の動き?集中力と視線の以外な関係性
読字障害に大きな変化をもたらすのは「集中法」だった

アルマ・クリエイションでは、
お子様がフォトリーディングを体験できる場を
定期的に開催していく予定です。