お子さまは読書法を変えるだけで、みるみる本を読むようになります

だんだんと暑い日が
続くようになってきました。

この季節になると、思い出すのは夏休み。

社会人になってから、
「学生は夏休みがあっていいな~」と
一度は思ったことあるのではないでしょうか?

しかし、学生にとっては、
夏休みの宿題があったり、
受験勉強で部屋や塾にカンヅメ状態であったり、、、
学生だって大忙し!と思っているかもしれませんね。

もしかしたら、あなたも学生のときに
そんなことを思っていたかもしれません。

フォトリーディングを学ばれた方は
「学生のときに知っていれば良かった・・・」
と、よく呟かれます。

確かに、学生のときに
「効率の良い読み方」を身につけるだけで、
学び方がガラッと変わって、
もっと自由な時間が増えていくかもしれません。

たった2日半で、フォトリーディングを習得する
学生のための講座を、今年も開催いたします!

 学生のためのフォトリーディング講座を開催!

先日、親子フォトリーディング体験会を開催しました。
小学生や中学生にご参加いただきました。

フォトリーディングの一部を
体験していただいた後には・・・

「意外と読めた!」「いろんな漢字が読めた」

という感想をお子さんからいただきました。

私たちの教育の中には
「本の読み方」ということを学ぶ機会は
少ないように思います。

本を読むといえば、
” 一字一句、最初から最後まで ”
で、それ以外の読みかたを
してこなかったのではないでしょうか?

昨年に学生のためのフォトリーディング講座を
開催したときには、
「この読み方だったら、教科書全部すぐに読めそう!」
という感想でした。

教科書がすぐに読めてしまったら、
学校の授業が復習になるので、
知識がより身についていきますね。

今年は、コロナの影響で、
学習スケジュールや学びかたにも変化が
大きかったときです。

だからこそ、今年も学生のための講座、
フォトリーディングフォーティーンズ講座を開催いたします!

ぜひ、あなたのお子さまも
フォトリーディングを学び、
読書法を変えてみませんか?

※募集終了となりました。