ダイレクトラーニングはポイントは?

2020年11月24日
第10回目のフォトリライブが開催されました。

テーマはダイレクトラーニング。

そして、インストラクターはこのお二人。
木村祥子さんと末吉大希さん。

ダイレクトラーニングをする際に
準備いただきたいものとしては
・あなたが行動変容したいと思うテーマの書籍3冊
・そのテーマの隠喩的な書籍1冊

例えば、
ダイエットしたい(痩せたい)という
テーマであれば、
ダイエットに関する本を3冊
隠喩的な本は美しく痩せたいなら
綺麗な景色の写真集。

テニスがもっと上手になりたい
というテーマであれば、
テニスのノウハウ本や
テニスに関連する漫画など。

 

隠喩的な本って、どんな本がいいのでしょうか?と
質問をいただきましたが、

フォトリライブで
木村さんが話してくださった、
ダイレクトラーニングのエピソードを例にすると・・・

フォトリーディングインストラクターの方が
ダイレクトラーニングでダイエットを成功させた際、
彼は「仏像」の本を選んだそうです。

仏像の立ち姿は美しい。

まさに隠喩的な本ですよね。
直接には、仏像=ダイエットとはなりませんが
ダイエットして美しい姿で立つことを想像されたのでしょう。

 

今回は、インストラクターの二人も
ダイエットをテーマに選書くださいました。

・60歳を超えてもカッコよくありたい
・身体から綺麗になるハーブティ
・私を見て!となるように堂本光一
・感性を磨きたいから

などなど、
ダイエットのノウハウ本ではなくて
そんな視点から本を選んでいました。

本を選ぶところから、楽しそうですよね。

 

そして、みんなで一緒にダイレクトラーニング。

通称:バナナの皮むきと呼ばれる、
フォトリーディングを行う前の本の準備
カバーを外し、ページの間に空気を入れて、本を開いていく
ところから、
みんな一緒に進めていきます。

そして、末吉さんの誘導のもと
手元の4冊を20分でフォトリーディングしていきました。

4冊フォトリーディングした後は
達成した自分の姿を思い浮かべて
ニマニマする時間を取る。
あとは手放すだけ。

木村さん曰く、
このニマニマする時間が大切
なのだそうです。

これから数ヶ月の間、
あなたのわずかな変化に注意を向けていただき、
ちょっとした変化に気づいていけると
嬉しいですね。

 

あたらめてダイレクトラーニング?
という方は、
フォトリーディング講座やホームスタディで
配布された
『あなたもいままでの10倍早く本が読める』
のダイレクトラーニングの章を
読んでみてくださいね。

 

フォトリーディングを知りたいという方は

フォトリーディングを今すぐ学びたい方は