突然ですが、
「ダイレクト・ラーニング」に
挑戦したことはありますか?

 

ダイレクト・ラーニングは、
フォトリーディングの活用法の 1 つ。

テニス、ゴルフ、人前でのスピーチなど、
自分が上達したい
と思っているスキルに関する本を
何冊かフォトリーディングすると、
必要な場面でそのスキルが使えるようになっている、
というもの。

 

そんなばかな。
本を読んだだけでスキルが習得できるなんて。

 

そう思いますよね。

フォトリーディングを開発した
ポール・シーリィ博士さえも、
「フォトリーディングのおかげでテニスが上達した」
といった受講生からの報告に、
最初は驚いたそうです。

ポール・シーリィ博士の
その後の研究によると、
ダイレクト・ラーニングは一種の暗示学習。

意識では分かっていなくても、
体が覚えている、ということが
実際にあるのだそうです。

 

先日、フォトリーディング公認インストラクター
石ヶ森久恵さんの
講座の受講生有志が集まり、
「ダイレクト・ラーニング実験会」が催されました。

 

ゴルフ、語学、立ち居振る舞い、
言葉遣い、ロジカル思考などなど、
各自が高めたいスキルの本 4 冊を持ち寄り、
ダイレクト・ラーニングにトライ。

石ヶ森さんによると、
「語学や資格試験対策など勉強系のものは、
ダイレクト・ラーニングするだけでは効果が上がらないので、
意識上での勉強は別途必要です。
でも、ダイレクト・ラーニングという取っ掛かりがあると
楽さが全然違いますよ」
とのこと。

 

勉強系は大変そう・・・という方は、
例えば「早起き」など
気軽なものから試すのもアリ。

 

何か新しいスキルを身に着けたい!
そんな方は、フォトリーディングの
ダイレクト・ラーニングに
トライしてみてはいかがでしょうか?