人生、寄り道したっていい!○○があれば大丈夫!

フォトリーディングを学んで
広島大学でマネジメントの博士号を取得した澤根哲郎さん。

澤根さんが博士号を取得したのは2012年。
56歳の時でした。

ーーー

”僕は寄り道ばかりなんです。

実は大学は7年通って中退しました。

最初は、北大理類に入ったのだけど、
学びたい農業経済学科には入れず、途中で転部しました。
当時はインドに興味があったから、インド哲学のある文学部へ。

でも、ある日、インド旅行から帰ってきたら、
必修の単位が足らずに退学処分になっていました。

転部した文学部には4年在籍できると思っていたら
農学部・文学部通算して4年だったんです!

まあ、仕方ないかで中退。
その後、親の仕事の手伝いから税理士になりました。

ある時、税理士の友人が修士を学んでいて
その楽しそうな姿に、
僕も学びたくなり、修士を目指すことにしました。
税理士の
仕事に役立ちそうだから、管理会計を学ぶ。
学習したいと思ったら、まずは目標を設定するんです。
漠然とやっても身につかないでしょ?

でも、大卒じゃなかったから、修士の入学試験受験資格審査は大変でしたね。
最後は、大学時代の取得単位数が決め手になったそうです。
卒業に必要な単位は通常は120ぐらい。
僕は156単位を取っていました。(必修は足りてなかったけど。)
大学で学んでおいて、よかったです。”

ーーー

澤根さんがフォトリーディングを学んだのは2003年。

学習において、目標設定が大事ということを
感じていたことは、すでにフォトリーディング的な
マインドをお持ちだったのでしょうね。

この時の澤根さんは税理士として働きつつ、
岡山大学で管理会計の経済学修士資格を取得されていました。

修士で学びが面白くて、
そのまま博士の道を目指すことにしたそうですが、
博士への道は簡単なものではありませんでした。

博士論文はこれで大丈夫なのか?認められるのか?
そんな不安が、常に心に引っ掛かっていたそうです。

ーーー

”修士論文は質と量で判断される。
質は自分自身では判断しきれないが、量は解る!
だから、修士は周りが驚くぐらいの量で勝負しました。笑

でも、博士は量というわけにもいかず、
新たなアプローチが必要でした。

そんな時、突破口となったのがフォトリーディングですね。

フォトリーディングのスキルがなくては博士は取れなかった。

「この本、この論文から、これをもらうんだ」
というはっきりした目的意識がないと自分の論文にはなりません。
多数の論文から自分の目的の物を探すときに
フォトリーディングを使いました。”

ーーー

そして、澤根さんは
2012年に博士号を取得。

その間に、なんと、2冊の本を出版!!

博士の勉強を続ける上で、
本の執筆は気が紛れて良かったのだとか。

もちろん、本の執筆にもフォトリーディング。
編集作業には、マインドマップも多用されたそうです。

澤根さんの学習意欲は
博士号取得や出版だけに留まらず、
現地の人との会話を楽しむために、
英語を始めとした数々の語学もマスター。

洋書フォトリーディングもご受講いただき、
今、一番ハマっているものが
洋書の読書なのだとか!

洋書は、スラスラ読める部分もあれば
主語述語がどれかも解らないものもある。
洋書はクイズを解くかのように楽しい、そうです!
(こちらの話は次の機会にお話しさせてもらいますね。)

ーーー

”学びは楽しい!
学ぶと楽しみが増える
人生いかに楽しむか!

先に見えるものの大事かもしれないけど
一歩一歩楽しむことが大事。

山に登るのは頂上に登ったことを楽しむのではなくて
その過程の1歩1歩を楽しむ。”

ーーー

そう語る澤根さんの更なる目標は
「小説の出版」なのだとか!

寄り道をしつつも
本当に様々なものを見て体験してきた、
澤根さんだからこその世界観が
小説にどう表現されるのか
興味津々ですね。

澤根さんの学びの旅はまだまだ続きます。

 

書籍を情報収集の手段として読むだけでなく、
読んだ情報を何に使うかを意識し
独自の感覚で本からの知識を統合して
さまざまな価値を生み出す、フォトリーディング。

澤根さんも、ご友人から
「澤根は、色々なことを知っているから、
さらに面白い事が見つかるのだろうな」
と言われたことがあるそうです。

フォトリーディングを学ぶと
様々な知識や知性を関与させる学び方が
自然と体得できるのかもしれませんね。

 

人生寄り道しても大丈夫!
あなたの目的とフォトリーディングがあればっ(笑)
ですね!

 

あなたも、さらに人生を楽しむために
フォトリーディングを一緒に学んでみませんか?

すでにフォトリーディングを学んだ方には
洋書フォトリーディングオンラインをオススメ!
さらに情報の幅を広げてみませんか?