フィンランドから日本の看護師さんを応援する読書会を開催中

2020年は、コロナ禍の影響で
リアルの講座がオンライン化を余儀なくされました。

移動範囲が狭まりましたが、
繋がりは、日本全国、世界中に広がっていいます。

そんな一人が
フィンランドの大学院で、
医療系の研究をしている久末智実さん

日本で看護師を経験、
オーストラリアなどでも
キャリアを積み、
2017年からフィンランドに
いらっしゃるそうです。

海外で活動している久末さんは、
多言語での書籍を読む必要があります。

もともと、読書は好きだったそうですが、
慣れない言語での読書、情報収集には
時間がかかり、
フォトリーディングに興味があったそうです。

ですが、フィンランドからは受講できず
タイミングよく、オンライン講座があった
リードフォーアクションの読書会ファシリテーター
リーディング・ファシリテーター養成講座を
受講していださいました。

フォトリーディングから誕生した
読書会コミュニティ
リードフォーアクション。
フォトリーディングをシンプルにした
読書法を使って、読書会をするものですが、
日常の読書についても

質問を作って、本を読むということ

だけでも読書スピードはアップしたそうです。

 

そして今、日本にいる看護師さんを対象に
オンラインで読書会を開催中。

自身の看護師経験からも
勤務する病院だけじゃなく社会に繋がることや
看護師として長く働くためにも
自分自身の心身の健康や
自分の幸せにも目を向けることに
気づいてもらうような場を作っています。

実は、看護師の資格をもちながら、
看護師として働いてない人は、
日本に、70万人もいるそうです。

看護師に戻ろうか悩んでいる人たちにも
読書会を通して、そんな悩みを共有し
自分らしい働き方のお手伝いができたらと
これからも定期的に読書会を開催していくそうです。

久末さんの読書会で、
女性たちの人生が華やぎそうですね。

 

リードフォーアクションでは、
2020年12月18日ロードショー
また、あなたとブッククラブで
とタイアップをさせていただくことになりました。

これを機会に、女性の働き方を考える
テーマの読書会の開催も検討していきます。