3連休で大人たちが学ぶ理由

避暑地に出かけたり、
子どもと一緒に遊園地やプール。

大人の夏休み、あなたはどう過ごしますか?

先週末、フォトリーディング3Daysが開催されました。

表参道には、お盆休みの始まりにもかかわらず、約30名の方にご参加いただきました。

大人の勉強の場、一体どういうものだと思いますか?
机に向かって、必死に勉強してる?

違います!

ポスターがあらゆるところに貼ってあったり、

質問を貼ることができるコーナーがあったり、

このような遊び場に近い雰囲気がされているのも実は効率的に学ぶためなのです。

大人になればなるほど、「時間がない」と思う方も多いでしょう。

子どものときはあれだけ時間があったのになーと、夏休みの子どもを見て思うかもしれません。

時間がないと感じるからこそ、
必要なのは効率性。

効率的に学ぶためのコツとは?

フォトリーディングは本を速く読むだけのスキルではありません。

この3Days では、とにかく

アウトプット・アウトプット・アウトプット!

ただ本を読み、知識をつけるだけではなく、それをどのように活用するかということを、何度も確認していきます。

大人の学習に必要なのは、何よりも質問力!と石ヶ森マスター講師は語ります。

「 時間がないからこそ、あなたの目的に迫れるように、
質の良い質問をつくっていくことが大事です。

本を読み、その知識を使って何をしたいのかを徹底的に考えていきます。

質の良い質問を投げかけるほど、良い答えを得ることができるのです。」と語ります。

本来であれば1日講座になるほど、質問のチカラは深いそうです。

そのエッセンスをぎゅっと詰めた講座内容に受講されているかたも驚き。

これだけでも本との付き合いかたが変わりそうですよね。アウトプット重視の知識習得法を身につければ、自由に使える時間も増えるはず!

大人の夏休みは、ぜひ、あなたのこれからの時間を有意義に使うための学びをしてみませんか?