5回にわたりお伝えしている
フォトリーディングのステップ
[STEP1]準備
[STEP2]予習
[STEP3]フォトリーディング
[STEP4]復習
[STEP5]活性化←今回はここ

 

今回は最後です!!!
活性化をご紹介しましょう。

 

復習で質問が作られたということは、
活性化は答え探しの工程になります。

質問があると、答えを知りたくなるでしょ。

 

しかし、
フォトリーディングホールマインドシステムでは、
すぐに答え探しをしません。
一度、本から離れ、休息を取ります。

私たちは、これを生産的休息と呼んでいます。

ちょっとコーヒー休憩をとったり、
一晩眠ってもいいでしょう。

 

さぁ答え探しです!

答え探しの手法は、

「スーパーリーディング」
「ディッピング」
「スキタリング」
「高速リーディング」

とあります。
これらの手法は講座で詳しくご説明しますね。

 

まだ、フォトリーディングを
学んでないあなたは、
目次から、答えがありそうな章を
読むなどして、
答え探しをしてみてください。

 

全部読むのではなく、
答えが見つかったら、
また、目次に戻り、
次の質問の答えがありそうなところを読む
という作業を繰り返します。

 

答えが見つかったとき、
活性化にかかった時間を
確認してみてください。

 

きっと、今までの読書より、
かなりのスピードであなたの目的が
達成されているはずです。

 

もう一度言います。

 

質問があると答えを探したくなるでしょ…

 

脳は空白を嫌うと言われています。
気になることがあれば、
あなたの脳は、自然と答えを探しにいきます。

 

子供の頃に新しい遊びや宝探し、
かくれんぼにワクワクしたように、
この答えが見つかったらうれしいなぁ~
とワクワクした気持ちで、
本をめくってみてください。

 

今までの読書と違う世界を
感じられると思います。