目指す分野の本を100冊読破できたら、どんな世界が見えてくる?

あなたは、自分の学びたいジャンルの本100冊を読み終えたら、
どんな気分になっていると思いますか?

嬉しくて飛び上がってる?
それともさらに学びを深めたいジャンルが見つかった…
ということもあるかもしれませんね。

こんにちは、学修サポーターのSUMMYです。

今回は、ご自身の目指す分野の本を100冊読み、
自分の目指す方向をより明確にした方が
数多く生まれた講座
をご紹介します。

それが「知識創造クイックスタート講座」です。

この講座は
「あなたのオリジナリティを明確化し、それを価値に変える!」
ことをコンセプトに、
フォトリーディングなどアルマ・クリエイションの持つ
様々なスキルを活用して
あなたのキャリアシフトをサポートしています。

知識創造クイックスタート講座の中核にあるのが「100冊読書」

2020年10月に開講した知識創造クイックスタート講座は、
2021年3月に最終となる振り返り会を実施しました。
振り返り会では、
講座スタート時から現在を振り返って成長したことを
書き出してダイアログをすることで、
みなで達成を喜び合い
ました。

合わせて、
今後どんなことに取り組んでいきたいかを発表して、
参加者のみなさんのこれからの
モチベーションが高まって
いきましたよ。

本講座では実際に100冊読破しただけでなく、
講座内で行った様々なワークから
新たな気づきを得てキャリアシフトした方もいらっしゃいました。

以下では2021年3月に実施した振り返り会より、
100冊を読破できたという声を中心にご紹介します。

専門分野以外も一気に高められた

豊岡さん(女性)は医師として働きながら、
趣味で着物を楽しまれています。
講座に参加したことで、医師として学ばなければならないことを
効率よく学べるようになるだけでなく、
着物に関することをビジネス化しようと考えたとのことでした。
特に医学の最新知識だけでなく、
専門外の分野の本も効率よく読めるようになったそうです。

また、100冊を読破できたコツは、
・何度も講座動画を見ること
・100冊トラッカー(講座オリジナル読書メモ)に記録
・録画されたものを見るだけでなく、
ライブ講座に参加して他の受講生とともに学ぶ

とのことでした。

(豊岡さんの100冊読書の声はこちら)

まずは受け取ってみる

人事と物流のスペシャリストである丸山さん(男性)は、
講座に参加したことで自分のやり方をまずは置いておいて
受け取ってみることの大切さを実感したそうです。
特にこれまで考えたことがなかった
読書の目的や読む時間などを考えることで、
ご自身の読書が進化しました。
加えて、これまで興味のあった中国語の本に挑戦したり、
仲間とSDGsの読書会を開催するようになったそうです。

そして100冊を読破できたコツは、
・目的を常に頭に置く
・講座を録画ではなくライブで視聴する
とのことでした。

(丸山さんの100冊読書の声はこちらこちら)

受講生のみなさんからはこれらの発表を聞くことで
たくさんの刺激を得られたとの声がありましたよ。
今回の振り返り会に参加された方からはこんな声がありました。

「毎日パラパラめくり!」
「仲間がいることを思い出しながら読書する」
「気持ちが焦っていると思ったら、フォトリーディング!」

2020年は本ブログをご覧の方もこれまでの人生を見つめ直すことが
多かったかもしれませんね。
2021年は新たな専門性を身につけたいと思った方もいるのでは?
アルマ・クリエイションでは2021年5月から再び
「知識創造クイックスタート講座」をスタートします。
ご自身の専門性のアップや新たなことを学ぶために、
100冊読んで目標達成してみませんか?