2011 年 11 月 10 日・ 11 日の 2 日間、フォトリーディング開発者ポール・R・シーリィ氏が初来日し、
「フォトリーディング最先端講座」が開催されました。参加者は全国からなんと約 200 名!
大白熱の 2 日間をレポートします。

最先端の講義から、生きることの大切さへ

加速学習、NLP、Transformational Leadership等、ポール・シーリィ氏が長年研究開発されてきたテーマを、常識では考えられないほど次々と披露してくださった2 日間。

1日目は、フォトリーディングやナチュラル・ブリリアンス・モデルについて、脳波を測定する最先端機器を使って論理的に解説。2 日目は、常にリラックスして課題解決が行えるよう、ストレスやメンタルブロックを簡単にブレイクスルーして、五感とイメージの力を活用するための瞑想法を講義してくださいました。

奇しくも 2 日目は、東日本大震災からちょうど 8 カ月目にあたる日。講座の解説を務めた神田昌典とポール氏の合図により、受講生・スタッフ含む約 200 人が、午前11 時 11 分に一斉に深い瞑想に入ったときには、感動で涙を流す受講生もいたほどでした。3.11 の震災をきっかけに、日本人を取り巻く環境や価値観が激変する中、ご自身の中に生まれもった叡智を結集し、あらゆる人や物質、時には脅威をもたらす自然とも共生して生きることへの大切さをかみしめた、かけがえのない時間となりました。

Photo Report

山口佐貴子講師・石ヶ森久恵講師とともに、フォトリーディングのやり方をレクチャーするポール氏。本家のデモンストレーションに受講生全員興味津々。

『「潜在能力」であらゆる問題が解決できる』(フォレスト出版)を課題図書として使用。受講生をあっと驚かせる小道具を使い、ナチュラル・ブリリアンス・モデルについて分かりやすく解説してくれるポール氏。

黄色のヘルメットをかぶっているのは大本昌弘講師。会場にいる、一番背の高い方というポール氏の呼びかけに駆り出されてしまいました。アメリカの講座でも行われているフォトリーディング講座の一部です。

講座が終了すると、誰からともなく立ち上がりスタンディングオベーションが…。 ポール氏の日本滞在は取材や教職員向けセミナーも含めて全10日間。 講座の後も取材などでお忙しい隙間に、秋の京都・奈良旅行を楽しまれ、ご帰国されました。